HOME > なくてはならないもの

毎日配っている名刺は、そもそもどのようなものなのか?

名刺は、初めて営業にいったところなどに、自己紹介の意味合いで渡したり、交換したりするものです。
名刺の中には、会社名や自分の所属、連絡先などに情報が書かれているものです。
昔は、簡単な記載だけのものが多かったのですが、いまは会社の業績や今後の目標など具体的なことも書かれているところもあります。
さらに、名刺には個人の顔の画像が印刷されていたり、香りがついているものもあったりします。
紙の色や質感なども従来にないものでつくられているものもあるのです。
大手の会社には大勢の方が見えたりします。
大勢の方が名刺を置かれて帰ったりしますので、その中でだれがだれだったのか印象が薄らいでしまうことは多いのです。
そんなときに、人と違った角度から会社や自分のアピールができるのが名刺でもあるのです。
ですから名刺の必要性とは、存在を覚えてもらうためのアイテムでもあるのです。
ただ会社名や役職だけの名刺ではなく、ビジネスチャンスが広がる可能性のある名刺を持つことがいま求められているのです。ビジネスで使うものは、こだわりをもったほうが良さそうです。